元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『マドンナ』  奥田 英朗
2009-05-22 Fri 16:58
マドンナマドンナ
奥田 英朗

講談社 2002-10
売り上げランキング : 407522
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 40代で課長職にある男達を描く短編集。

「マドンナ」
 妻子ある春彦だったが、部下を好きになって夢想だけで恋愛を楽しむことが何度かあった。その春彦のいる営業三課に、定期人事異動で倉田知美がやってくる。二十代半ながら落ち着いた知美を好きになった春彦は、毎日落ち着かない日々を過ごすことになった。28歳の山口も知美を気に入った様子であり、春彦と山口は次第にむきになっていく。
 かわいいような間抜けなような・・・。いや、やっぱり間抜けかな。知美が想いを寄せる人が突然現れて振られる2人が、またさらに間抜けで。いや、28歳独身の山口はいいんだろうけど、春彦はちょっとなぁ。世の中こういう間抜けな男もいるんだろうか。それとも男ってこんな間抜けばっかなんだろうか。既婚者としては、前者であってほしいところ。

「ダンス」
 第一営業部の課長5人中4人が、飯島部長に合わせて早めに出勤している。田中芳雄も出世のために毎日そうしていたが、出世に興味がない浅野だけは定刻に出勤し、社内のイベントにも一切参加していなかった。浅野のことが気にくわない飯島部長は、芳雄に浅野の5課を他の課に吸収させようという言う。同期の浅野が自分の部下になるのは嫌だし、他の課に吸収されて最大勢力になられるのも嫌だと思った芳雄は浅野を会社の運動会に参加させる約束をしてしまう。
 家では高2の息子・俊輔が大学には行かずダンススクールに行きたいと言い出したと妻の千里から聞かされる。芳雄は絶対に反対だったが「父親は最後の砦だ」と、説得は千里に任せていた。
 赤の他人として見るなら、お金は自分で稼いでダンススクールに行きたいと言う俊輔の目標は立派だと思う。大学くらい出ろっていうのはありがちな親の意見だけど、やっぱ自分の子供にはそう言っちゃうもんなんだろうか。息子と直接話すのは妻に任せて、話そうとしない姿は情けないと思う。うちは、やりたいことがあるならお父さんに自分で言いなさいって家だからなぁ。
 でも、芳雄自身はいい人で弱い人なんだろうなぁ。浅野のために上司に掛け合ったり、運動会では庇おうとしたり。男って・・・と思わずにはいられない話だった。

「総務は女房」
 一度事務系部署へ異動させられることが出世コースだという会社で、恩蔵博史は総務部第四課への異動を喜んでいた。しかしその課は会社の購買部に入っている商店と癒着していた。博史があるべき姿に変えようとすると、部下からも総務部の上司からも反対に遭ってしまった。お歳暮・お中元にもらっている商品券がもらえなくなるのは困るし、どの課もやっていることだからと言う。
 なるほど、会社ってこんな感じで旨い汁を吸うわけか。それで不況になると、公務員叩きをするんだよなぁ。と、公務員一家だった私(過去形)は思う。いやまあ、あんまりこの本には関係ないんだけど。
 私から見ると博史がやってることは正しい。ただ、営業が会社を支えてきてるというのにという傲慢のようなものも見え隠れする。
 この話では博史の妻・幸子が相当むかつく。専業主婦で地域のエコロジー活動をがんばってるのはいい。ただ、エコ見学のためにドイツに行きたいというのはどういうことか。それだけならまだしも、難を示した夫に文句を言うとか。専業主婦は家事奴隷になれと言うつもりはない。ただ、2週間て長すぎだろと思う。たくさん稼いでくれる夫のおかげでPTAのリサイクルなんかに専念できるのに、何だそれ。キレられて言い返せない博史も情けない。最後には、土下座しにきた松田商店の社長との話に勝手に割り込んでくるし。こういう女は嫌。

「ボス」
 田島茂徳の部の部長に、浜名陽子が任命された。彼女は部内の禁煙、ノー残業デー、休日の接待ゴルフ禁止など、次々と新しい取り決めを打ち出す。従来のやり方を曲げられてやりづらさを感じる茂徳は反発するが、いつも理路整然と言い返されていた。
 これの前の話と、上司と部下の立場が逆だな。内容は全然違うけど。これも男共は情けない。自分がやってきたことが正しいと思ってるなら説得してくれよ~と思うけど、茂徳はいっつも説得されてしまう。でも浜名陽子の言うことは受け入れられない。彼女のやり方で全員の士気が下がってるんならともかく、受け入れている人もいて業績も上がってるんなら言うことはないんじゃないだろうか。
 この話も妻の美佐子がうっとおしかった。それ以上に、主人公の茂徳が情けない。さらに、浜名陽子がノー残業デーにこだわった理由がわかったラストでは、ちょっと不愉快になった。

「パティオ」
 鈴木信久が勤務する土地開発会社で再開発した港パークは「職」「遊」「住」をテーマにしていたが、お台場に客を取られて「遊」が失敗していた。信久は港パークの中庭・パティオで毎日読書をしている老人が父親を思い出させて気になりだした。ある日その老人に話し掛けてみたが、翌日から彼は来なくなった。
 パティオで行ったバザーが成功に終わり、上司はもっと客を集めるために次々と案を出してくる。老人がいつも本を読んでいる藤棚を取り壊すと言い始め、信久は正面から反対した。
 信久は老人を見て、自分の父親を思い出していた。信久の母親は去年亡くなっており、父親は寺から借りている畑で家庭菜園を再開したばかりだった。しかし寺は住職が代わり、檀家にお布施や煤払いの人手を要求した挙句、畑として貸していた土地を売ると言いだしていた。
 これはなかなか心温まる話。信久が上司と対立している時に部下・加奈子から老人の情報を聞いて、上司そっちのけで話を聞くシーンなんか楽しくなる。で、オチが藤棚は緑化促進で区の補助金もらってるから無理で、上司の思い通りにはいかないことにスカッとする。
 信久の妻・順子もなかなかの人。寺と檀家の関係に、不満はがつんとぶつけることができる。その分信久の父親に矛先が向いても、きちんと怒れる人だと思う。父親が借りている畑はきっと潰されるんだろう。元気だったお年寄りを老けたなぁって思う時って何だか寂しい気分になる。父親を見る信久からそういう気持ちが伝わってきた。

 会社勤めの男達を描いてるのに堅苦しくなく、安易に不倫とか出てくることもなく、精一杯頑張ってるのに小物感が否めない5人の課長達。ずっと公共施設で働いてきた私には会社の中ってよくわからない。両親は公務員で出世レースとはほぼ無縁だし。これを読んで、中年男の悲哀と苦労が見えてきた。彼らを描いて生き生きと見えてくるのは、凄い。
 しかしこの話に出てくる妻の何人かに腹が立った。私の母親はずっと正社員で働きながら、家事もちゃんとしてきた人だ。私のような人間が出来上がってるから、もしかしたら子育てはちょっと疎かだったかもしれない。まあ少なくとも、犯罪犯したり暴力振るうような人間にはなってない。母親がそうやって生きてきたのを目の当たりにしてるから、専業主婦風情が威張ってると不愉快だ。それを受け入れてる夫も、何なんだろうか。専業主婦の、家族のために自己を犠牲にしているつもりになっている様子は醜い。
 奥田さんはこういう女性までリアルに描いちゃってるから困るな・・・。こういうムカッ腹も含めて、面白い本だった。
別窓 | [あ行の作家]奥田 英朗 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『ララピポ』  奥野 英朗
2007-09-24 Mon 20:30
ララピポララピポ
奥田 英朗

幻冬舎 2005-09
売り上げランキング : 43479
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 世の中のいわゆる底辺層の人達の生活と性を描いた短編集。それぞれの話が少しずつ繋がっているという手法を取っている。帯には「いや~ん、お下劣」の文字があるけど、そういう軽妙な言葉で括れるような話じゃなかった。この底辺っぷりっていうか、底辺根性はすごい。ていうか、すごくグロい。
 
 1話目「WHAT A FOOL BELIEVES」:フリーライターの博は資料の要約をするだけの仕事で細々と暮らしていた。ある日アパートの上の階に住むホスト風の栗野という男が女を連れ込んでる事を知り、盗み聞きを繰り返す。
 博自身は、図書館で知り合った小百合という太った女と肉体関係を持つことで性欲を満していた。

 2話目「GET UP,STAND UP」:1話目で博の上階に住んでいた栗田健治が主人公。彼はキャバクラのスカウトマンで、スカウトした女性達の売り上げから給料を得て生活をしている。
 清楚な女性トモコのスカウトに成功した健治は、彼女に少しずつ上のランクの店を勧める。同じ時期に、先輩がスカウトした中年AV女優のマネージャーも押し付けられる。「親子丼」AV企画の女優に2人を選んだ健治は、直前に2人が親子だと気付いた。

 3話目「LIGHT MY FIRE」:2話目で健治がマネージャーを勤めた中年AV女優の良枝は妻としても母としても女性としても最低な人間になっている。向かいの家の郵便物を盗み見るという日課で、迷惑状が届いたことを発見した。犬の吠え声がうるさいと書かれた迷惑状は次第にエスカレートしていき、最終的には家に火を点けると書いてある。
 そんな折、近隣からゴミと悪臭に対する苦情が来ていると市役所の人間が来る。良枝の家の2階には、彼女が介護を放棄した義母の死体があった。そこで、迷惑状通り火を点けに来た若者を捕まえて自分の家に火を点けるように言う。

 4話目「GIMMIE SHELTER」:ノーと言えないカラオケ店アルバイト店員の光一は、バイト先で女子高生のウリを黙認することを要求される。斡旋者の脅しにどんどん屈し、カラオケ店は援助交際の場になっていった。
 アパートでも隣室のテレビの音や断れない押し売りなどで気が休まらない光一は、近所の家に犬がうるさいと訴える迷惑状を書いて投函する。

 5話目「I SHALL BE RELEASED」:官能小説家の敬次郎は、官能小説の位置付けの低さに嫌気が差していた。昔のように純文学畑に戻りたいと思いつつ、官能小説の幅を広げるという理由を付けながらカラオケ店で女子高生との援助交際を楽しむようになる。

 6話目「GOOD VIBRATIONS」:1話目で登場した小百合が主人公。小百合は男を家に連れ込んで体の関係を持ち、それを盗撮したDVDを売って結構稼いでいる。小百合の外見のためか罵られる関係が多いが、マニアにとても受けがいいそうだ。
 定期的に会っていた博の次に連れ込んでいた郵便配達員は、2回目以降素朴な印象が一変。部下も連れてきて交代で小百合をなぶる。

 こんな感じの、同じ場所・時間軸にいる6人の不気味なアンソロジー。すごいとは思ったけど、私はこれを楽しむのは無理。本当、完成度の高い短編集だと思うんだけどね。好みの問題で、やっぱ女には生理的に厳しい話だと思う。
別窓 | [あ行の作家]奥田 英朗 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『町長選挙』  奥田 英朗
2007-06-15 Fri 11:50
町長選挙町長選挙
奥田 英朗

文藝春秋 2006-04
売り上げランキング : 11406
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 アホ精神科医・伊良部教授シリーズ3冊目。シリーズ物も3冊も出ると内容がワンパターンになってきてるんじゃないかと思いつつ読んだけど、新しい趣向がしてあって面白かった。
 短編4話中3話が、実在の有名人をモデルにしている。モデルって言うかパロディかな。名前や会社名なんかを実にわざとらしく変えて、行動・言動はそのまんま。ただ、その人物が精神を患って伊良部のいる病院に行くという点がこの小説の中の“フィクション”だ。

 1話目は「オーナ」。「大日本新聞」の会長にして球団「東京グレート・パワーズ」のオーナ田辺満雄の話。あだ名は「ナベマン」だ。歯に絹着せぬ言い方でマスコミの餌食にされつつ強気発言の姿勢は崩さないが、実は特定の要因でパニックになるという症状を抱えて伊良部の心療内科を訪れる。
 固有名詞とパニック障害以前があまりにもそのまますぎて、渡辺恒雄(読売オーナー「ナベツネ」ね)って結構苦労してたんだなぁと本気で思ってしまった。
 この話、最後の生前葬が面白かった。泉田首相(小泉首相がモデル)のスピーチもだけど、最後の若手記者とのやり取りも良かった。実物もこれくらい面白味ある人達だったら良かったのに。

 2話目は「アンポンマン」。IT会社の社長で、次々と派手な買収に手を出して注目を浴びる安保貴明が主人公。「アンポンマン」のニックネームで親しまれるという設定だけど、よく作ってあると笑える。言わずもがなだけど、堀江貴文だ。もちろん、捕まる前の小説。
 ひらがなや簡単な挨拶文を忘れてしまうという症状に見舞われ、有能な秘書に勧められて伊良部心療内科へ行く。主人公をちょっと馬鹿っぽく書いてあって、ちょっと伊良部とかぶっててそれが面白くもあった。

 3話目は「カリスマ稼業」。40歳過ぎて一児の母となっても美貌を維持する白木カオルが主人公。自然体を売りにしているために、隠れて行う「老い」との闘いには半狂乱だった。自分でも度が過ぎると自覚し、伊良部がいる病院に精神安定剤をもらいに行くという話。
 1話と2話の人物が話題の人達だったのに急に芸能人の話になったから最初はピンと来なかったけど、黒木瞳のことね。ライバルとして川嶋なお美が「川村こと美」として出てくるのがまたブラック。
 これはまあ笑えないかな。多分リアルにすごい努力をしてる人だと思うし。病気も解決してないし。ていうか、なぜ渡辺恒雄・堀江貴文のようなむさ苦しい2人と黒木瞳を並べたんだろうか。よっぽど嫌いな理由でもあるんだろうか。パロディも3つも続くと何だかおなかいっぱいだし。

 4話目は、表題作の「町長選挙」。ある孤島で行われる町長選挙で、町は真っ二つ。主人公の若手町役場職員は両方の派閥から引っ張られて、両方に返事ができずに困っている。公職選挙法なんてまるっきり無視した町長選だけど、そこに伊良部が訪れることになってさらにゴタゴタするという話。
 この話だけ普通にまるっきりフィクションだけど、やっぱりこれが一番面白かったな。一番盛り上がった所で話が終わってて、やられたって感じだけど読後感が爽快だった。
 このシリーズ、まだ続き出るのかなぁ。出るとしたら、普通のフィクションがいいな。4話目読んで、特にそう思った。
別窓 | [あ行の作家]奥田 英朗 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『イン・ザ・プール』  奥田 英朗
2006-06-21 Wed 18:54
イン・ザ・プールイン・ザ・プール
奥田 英朗

文藝春秋 2002-05
売り上げランキング : 17736
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 以前『空中ブランコ』を読んだけど、本来ならこの『イン・ザ・プール』が1巻目だったようだ。『空中ブランコ』は2巻目で、3巻目となる『町長選挙』が伊良部シリーズとして最近出ている。というわけで、急いで読む。
 幼稚で突拍子もない精神科医の伊良部の話で、全話が彼を訪れる患者の視点で描かれている。彼らはわりと重度な精神障害に陥った人々だけど、何となく伊良部と関わっているうちに変なきっかけで治っていく。
 2巻では伊良部はバカっぽく書いてあったけど、1巻ではそこら辺は微妙に書いてある気がする。バカと見せかけておいて実は単なるバカじゃなさそうだけど・・・くらいの表現だと思う。
 あと、出てくる奇病は1巻の方が面白い。なぜ2巻で質を落としたのだろうか。
 
「勃ちっぱなし」:まあ、そういう病気。精神的なものではないかと精神科に通う男性の話。

「コンパニオン」:被害妄想に駆られ、常に誰かに見られているような気がする女性の話。エスカレートしていく様子が面白い。でも、容姿がきれいなのに売れないアイドル程度しかなれなかったというのは悲しい話でもある。

「フレンズ」:ケータイ依存症の高校生の少年の話。ケータイを持ってないと手が震えたり、不安でたまらなくなる。明らかに若者のケータイ依存を皮肉ってるけど、全然イヤミじゃなくて面白い。ラストのまゆみさんは素適。

「いてもたっても」:タバコの火の不始末が気になって仕方なくて、外出すら困難になってしまった男性の話。伊良部のせいで症状がどんどんエスカレートしていったけど、結局治らなかったな・・・。いいんだろうか。でも、その強迫神経症のおかげでうっかりヒーローになったりと、いい感じにまとまってて良かった。

 という5作。
 2巻『空中ブランコ』は面白いけど何となく心に残らない本だったから、この本も期待はしてなかった。でも面白かったなぁ。3巻『町長選挙』を読むのが楽しみになった。
別窓 | [あ行の作家]奥田 英朗 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『空中ブランコ』  奥田 英朗
2005-05-03 Tue 23:36
空中ブランコ空中ブランコ
奥田 英朗

文藝春秋 2004-04-24
売り上げランキング : 15967
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 去年の直木賞受賞作品。この本自体はシリーズの短編集。幼稚で変な精神科医の話で、彼を訪れる患者たちの視点で描かれている。
 まさに変人としか言えない先生だけど、患者達はいつの間にかペースに巻き込まれて、治療はしていないのに気付いたら病気が治ってる。パターンだけど、毎回面白かった。
 私は「ホットコーナー」が面白かったかな。一塁にだけ送球ができなくなったプロ野球選手の話。
 ただ、もう一度読みたいとは思わなかった。あー面白かった、で終わり。
別窓 | [あ行の作家]奥田 英朗 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 |