元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『さくら日和』  さくら ももこ
2008-05-26 Mon 16:45
さくら日和さくら日和
さくら ももこ

集英社 1999-07
売り上げランキング : 275409
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 離婚発表から始まるこのエッセイ。周囲は離婚に大賛成だったそうだけど、どんな理由で離婚したんだろうか?かなり気になる。相手がいる話だから、「DVで・・・」とか「浮気性で・・・」とか書くと訴えられかねないからこんな消化不良な書き方しかできないんだろうか。
 相変わらずの人生に息子が加わり、ところどころにお金持ち的エピソードがあり、何かちょっと以前より落ち着いた気もするさくらももこがいるエッセイ。賀来千香子や宅麻伸やよしもとばななといった有名人お友達が出てきて、どうにも大物っぷりを発揮している。パーティで50万使ったと繰り返し書き綴ったり、あちこち食べ歩きしたり旅行したり・・・。以前のような庶民的愉快エッセイではない。ちびまる子ちゃんはすっかりビッグな大人になったんだなぁと、ちょっと寂しい気分になった。
 『もものかんづめ』では大爆笑しながら読んだけど、これはサラサラっと読んで“へ~、さくらももこって今はこんな生活してるんだ~”で終わりっていうのが何か寂しい。そもそもエッセイというより日記っぽいと思う。まあさくらももこはエッセイ書けばどかんと売れる人になったし、『ちびまる子ちゃん』はサザエさんに替わるファミリーアニメとなりつつあるし、気合いの入ったエッセイ書かなくてもいいんじゃないかなと、こっちまで気合いの入らない読者になってしまった。
スポンサーサイト
別窓 | [さ行の作家]さくら ももこ | コメント:0 | トラックバック:1 |
『ツチケンモモコラーゲン』  さくら ももこ  土屋 賢二
2007-05-16 Wed 12:45
ツチケンモモコラーゲンツチケンモモコラーゲン
さくら ももこ

集英社 2001-10
売り上げランキング : 512560
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 さくらももこは有名なマンガ家であり、エッセイスト。土屋賢二はお茶の水大学の哲学の教授で、この人もエッセイを書いてたと思う。読んだことないけど。
 この本はさくらももこと土屋賢二が対談したり、同じテーマでエッセイを書いたりしている。二人とも物の捕らえ方は面白いし、文章も上手いから面白いんだけど、何か内輪話で勝手に盛り上がってるだけみたいに見えなくもない。両者とも、一人でエッセイ書いた方が確実に面白いと思う。
別窓 | [さ行の作家]さくら ももこ | コメント:0 | トラックバック:0 |
『ももこの21世紀日記 N’01』  さくら ももこ
2007-04-19 Thu 15:29
ももこの21世紀日記 (N’01)ももこの21世紀日記 (N’01)
さくら ももこ

幻冬舎 2002-01
売り上げランキング : 377813
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 サクッと読める面白系を読みたいと思って借りてみた。さくらももこのエッセイは笑えて、わりと好きなのでこのチョイス。でも、軽く失敗。あんまり面白くない。
 さくらももこがiモードで公開してた日記を再編したものらしいけど、エッセイと日記ってやっぱ違うもんなんだと実感した。1つのネタが短くて、あっさり終わりすぎる。
 また、エッセイは素朴だけど面白いって感じだったけど、日記となるとやっぱそれなりに大物なんだと実感されてしまう。仕事であちこち海外行ったりとか、仕事内容とか。 もちろんエッセイストとして不動の地位を獲得してる人ではあるけど、ここまではっきりと自覚させられるとちょっと興ざめ。「まる子」のイメージはちょっと横に置いて読まないといけなかった。
 でもこのシリーズ、人気なんだよね。2巻以降もちょっと読んでみようかなぁ。読むのに1時間も掛からない本だし。
別窓 | [さ行の作家]さくら ももこ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。