元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
『悪人』  吉田 修一
2009-02-01 Sun 10:54
悪人悪人
吉田 修一

朝日新聞社 2007-04-06
売り上げランキング : 7630
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 福岡で保険外交員を務める石橋佳乃は、友人達に増尾と付き合っていると嘘を言っていた。その日も出会い系サイトで出会った長崎に住む清水祐一と会うのに、増尾と会うことにして出掛ける。その夜佳乃は帰って来ず、翌日三瀬峠で見付かった女性の遺体が彼女のものだと判明した。
 増尾は以前バーで知り合った佳乃と偶然会った。待ち合わせしていた別の男をほったらかしにして自分の方に来た佳乃を車に乗せてドライブに出たが、段々とイライラして来て彼女を車から放り出して走り去った。失って
 双子の妹と佐賀で暮らす馬込光代は、以前出会い系サイトで知り合ってメールのやり取りをしていた祐一に3ヶ月ぶりにメールをした。それ以来光代は彼に夢中になり、祐一も光代を求めて止まなくなる。

 石橋佳乃が殺されて、長崎の土木作業員が逮捕されたところから物語が始まる。そこから時間は遡ったり進んだりしながら、主要人物の家族や友人、佳乃が出会い系サイトとで知り合った男、祐一が利用していた風俗店の女など、実にさまざまな人物の口を借りて全体像が浮かび上がっていく。
 何より吉田さんの人物の描きっぷりが凄い。見栄っ張りで嘘つきで他人を見下してるところがある佳乃、陰気な祐一、軽薄な増尾と、主要登場人物にはムカッ腹が立つ。でも佳乃を失って茫然自失の父親や、祐一に頼りつつ生きている祖父母、双子の妹と一緒に暮らす29歳の光代の寂しさなんかは、読んでてリアルに胸に迫って来る。
 増尾と会うと嘘をついて祐一に会う予定で出掛けた佳乃だったけど、祐一と光代の様子を読んでいくうちに私は祐一が犯人ではないことを願うようになっていた。2人の求め合い方がそれほど切実で、このまま幸せになって欲しいと願うほど。でも祐一はやはり佳乃を殺していた。
 逃亡の末に捕まり、「ねぇ?そうなんですよね?」と問いかけで終わるラストでようやくタイトルの重みを知った。光代のために悪人になり切ろうとしている祐一と、その行為と世間からの洗脳でわからなくなりかけている問いかけ。もう少し時間が経ったら、きっと光代は自分は被害者だった思うようになるんだろう。祐一もそう願ってるけど、起こったことを事実として読んで来た読者である私はそれが寂しくてたまらない。でも同時に、それが光代のためであることもわかってる。
 祐一が母親から捨てられるシーンを読まされたら、何でこの人ばかりこんな目に遭うんだろうと思う。祖母は最後にはしゃんと前を向いて歩くことを決意するけど、母親が自分こそ被害者だと言い張っているその醜さでまた祐一に同情してしまう。考えようによっては、幼少時代の不遇さが裁判で優位に働くかもしれない。
 人物をさらっと書いてるようで、そこに彼らの本質が見えてしまう作家さんなんだなぁ。本当、凄い。それだけでなく、老人介護のこと、老人相手の悪徳商法、マスコミ報道の無責任、被害者や加害者の家族への悪質ないたずらなどもしっかりと盛り込まれてあるのがまた見事。
 ラストの光代の疑問が、エコーのように未だに効いている。
スポンサーサイト
別窓 | [や行の作家]や行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『ものいふ髑髏』  夢枕 獏
2008-03-13 Thu 00:37
ものいふ髑髏ものいふ髑髏
夢枕 獏

集英社 2001-08
売り上げランキング : 578910
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 夢枕さんワールド全開の、10編の奇妙な話による短編集。

「夜の訪問者」
 「ぼく」は登山中の事故で目に怪我をし、手術のために一時的に目が見えなくなった。聴覚が鋭くなった「ぼく」は、夜中に同室の老人・河森さんを訪ねてくる女性がいることを知った。彼女は毎晩やって来て、河森さんと親しげに話していた。

「二本肢の猫」
 「ぼく」は“アンビシアン”というバーで一人の女性と知り合った。彼女は飼い猫が自分がいない間によその家に行ってくつろいでいると、静かに泣きながら言う。

「抱きあい心中」
 鮎釣りにはまっている「ぼく」は、鮎で有名な川に向かう電車の中で見知らぬ男から絶好の鮎釣り場と特製の掛け鉤をもらう。それ使おうとしたところ、深みにはまってしまい身動きを取れなくなった。どうしようもなく往生していると、水中で全裸の女性が「ぼく」を引きずりこもうとした。

「闇の中の小指」
 どうしても童貞を捨てたいと思った「ぼく」に、飲み屋で知り合った男が無料で女を抱かせてやると言った。若くて美人の女性だけど、灯りを点けないこと、一言も話してはいけないことを約束させられた。
 それから二十年後、取材で来た小さな街で、偶然その男と女らしき二人が営む飲み屋に入った。

「びくいしとい」
 愛していた女性を殺し、その死体に愛おしそうに話しかける男の話。

「もののけ街」
 親父狩りにあった「私」は、連中に殴られて仰向けになったままいじめられていた中学時代を思い出す。何とか立ち上がって歩きだしたところで、”縁綺堂”という店を見付けた。そこには、かつて大事にしていたがいつの間にか失くした物ばかりが売ってある店だった。そこで「私」は、自分をいじめる連中を刺すつもりだったナイフを手に入れる。

「真言士(ンガクバ)」
 チベットに、悪神が起こす霰と戦う真言士という呪法師がいる。知りあいのNが、TV番組でその真言士を呼ぶので会ってみないかと言う。興味をそそられて行ってみると、収録の日に台風が来た。本来は霰と戦う真言士だけど、嵐も止めることができると言う。

「ミサちゃんの生霊の話」
 「ぼく」のミサちゃんという4歳年上の友人が死んだ。乱暴な口調ながら人が集まる女性で、「ぼく」らは彼女の店を溜まり場に昼間から酒盛りをしていた。

「ものいふ髑髏」
 摂津国の金貸し・喜久五郎が“頼母子講(たのもしこう)”に出掛ける途中、裾に髑髏が噛み付いてきた。髑髏は彼に恩があったために引きとめるために慌てて着物の裾を咥えただけだと言い、自分を使った賭け事を持ちかける。

「安義橋(あきのはし)の鬼、人を噉らふ語」
 近江国の藤原信頼の屋敷での宴会で、安義橋に出没する鬼の話になった。源貞盛がこの話を創り話と言い出したことで、彼はその橋に一人で行ってみることになった。彼が出掛けた後、もし何事もなく戻ってきたら鼻高だかでうるさくなると、菅原道忠が先回りして脅かす役を買って出た。
 安義橋に着いた貞盛は噂どおり鬼に会い命からがら逃げたが、その後鬼は道忠だったことを知る。


 「夜の訪問者」「抱きあい心中」「ミサちゃんの生霊の話」では、著者自身の体験?と思わせる設定が面白い。夢枕さんの趣味である登山や釣りに語り手がのめり込んでたり、「ミサちゃんの~」では「キマイラ」シリーズのことが出てくる。
 「びくいしとい」のトリックは、恥ずかしながらあとがきを読んで初めて知った。凄いな夢枕獏。何の感慨もなく読んだけど、とんでもなかった。こういう文章を作れることがすごい。
 最後2編はいかにも夢枕獏って感じの平安譚。清明がこの話を博雅から聞いて「ゆこう」「ゆこう」と続かないのが不思議なくらいだ。そのために、何か物足りない。ラストに物足りない話が来てたから、読み終えてちょっと残念な気分になった。
別窓 | [や行の作家]や行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ2』『〃 巻ノ3』『〃 巻ノ4』 夢枕 獏
2007-07-23 Mon 13:47
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ2沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ2
夢枕 獏

徳間書店 2004-07-21
売り上げランキング : 230909
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻之三沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻之三
夢枕 獏

徳間書店 2004-08-29
売り上げランキング : 203599
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻之四沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻之四
夢枕 獏

徳間書店 2004-09-16
売り上げランキング : 220231
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 密教を学ぶために遣唐使として唐に渡った空海が、ちょうど唐で起こっている呪術事件に巻き込まれる話。全4巻。
 濃かった・・・。すんごい濃い内容だった・・・。わりと面白かったんで1冊あたり5センチほどの厚さにもめげずに読んだけど、人間関係は複雑な上に国籍がバラバラ。読み進めれば進めるほど色んな人が出てきて、途中から人間関係を理解できないなんて気にしないことにした。実際あの時代の唐は人種の坩堝だったんだから、こういう複雑さもリアルといえばリアル。
 ある唐人の家に不思議な猫が住み着く所から始まったこの話。夢枕獏が得意とする「呪」(「しゅ」と読むらしい。多分呪術とかそういう意味)の事件が織り込まれ、ちょっとしたオカルトテイスト。
 空海はその天才ぶりから唐でも有名になり、その事件の核心に徐々に近付いていく。空海が遣唐した年の60年前に起こった安史の乱の関係者も絡み、人間関係がさらに複雑化。色々詰め込みすぎてる気はするけど、分裂することなくまとまってるのはさすがだった。
 でもこの作者の作るキャラ、主人公以外に魅力を感じないんだけど。主人公の空海と準主人公の橘逸勢は、安倍晴明と源博雅そのまんま。最終的には博雅よりマヌケだったくらいで、段々かわいそうになってくるくらいだった。遣唐使なんて並みの天才じゃ行けないだろうに、こういう形でしか主人公を引き立たせないと表現できないのはちょっと興醒めかな。
 でも、安史の乱やその後楊貴妃が阿倍仲麻呂に連れられて日本に渡ったという伝説、空海が不空三蔵の生まれ変わりと言われるほどの天才ぶり、白居易や白楽天という有名詩人と彼らが作った詩などというフィクションだけじゃない部分が絡んでいて、やっぱ面白い。

 余談だけど、昔は白文だけである程度読めていた漢詩を全く読めなくなっていた事に軽いショックを覚えた。それどころか、書き下し文さえ理解できない始末。どんどんアホに磨きがかかるなぁ。
別窓 | [や行の作家]や行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ一』  夢枕 獏
2007-07-07 Sat 12:38
沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ1沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ1
夢枕 獏

徳間書店 2004-07-21
売り上げランキング : 217696
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 空海が密教を学ぶために唐に行った時の話に不思議事件を絡めてフィクションにしたもの。空海が遣唐使として行った唐では、呪詛が絡んだ不思議な事件が起こっていた。空海は着いて早々に天才っぷりを発揮していたが、次第に一連の事件に巻き込まれていく。
 空海にくっついて歩いていたのは、一緒に遣唐した橘逸勢。「空海、空海」とついて回るけど、天才の空海に比べると橘逸勢は秀才レベル。空海と橘逸勢の関係があの「陰陽師」シリーズと全く同じで、一方をちょっとマヌケに書くことでもう一方の天才っぷりを際立たせるこの手法にはちょっとうんざり。
 キャラはつまらなかったけど、話自体は面白かった。歴史上の人物がボコボコ出てきて楽しい。空海・橘逸勢はもちろん、玄宗皇帝とか楊貴妃とか、李白とか阿倍仲麻呂とか白居易とか。
 ただ中国人は本名とは別に字があって、これがまた覚えにくい。李白と白居易を何度間違えたことか。また、当時の唐の事情から、色んな国の人が出てきてややこしい。人間関係も結構複雑だし、誰が誰だかわからなくなってきて途中からフィーリングで読んでた。
 「陰陽師」シリーズは一話完結の短編集だったんでこの本もそうだと思ってたんだけど、これは1冊が500ページ(厚さ5cmくらい)近くあるのに続き物。全4巻だったと思うけど、ちとダルいな。
 空海が遣唐した年の60年前に起こった安史の乱が絡んでくるっぽくて、面白そうだとは思うから続きは読みたい。楊貴妃はあまり好きじゃないけど、案史の乱の裏話みたいなストーリー展開になりそうで楽しみにしてる。
別窓 | [や行の作家]や行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『王国 その3 ひみつの花園』  よしもと ばなな
2006-03-13 Mon 00:20
王国〈その3〉ひみつの花園王国〈その3〉ひみつの花園
よしもと ばなな

新潮社 2005-11
売り上げランキング : 28215
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 雫石と真一郎くんが一緒に暮らすために、前向きに動き始める。ところが、真一郎くんの初恋の人、親友の義母との再会で雫石の気持ちが大きく揺れる。結局別れてしまう二人だけど、そんな雫石を見守る楓や片岡さんやおばあさんが暖かかった。
 3巻に来て急に話が展開しだした。いっそ2巻はいらなかったんじゃないだろうか。2巻の、ストーリーがないのに言葉が連なるあの退屈感はつらかった。作者のメッセージを雫石が代弁してるのか、ストーリーが崩壊しちゃってたもんなぁ。え?読者に説教してんの?みたいな。よしもとばななって観念的すぎるのかもしれない。ふんわりと抽象的で、ストレートに決め付けるものがない。そこなのか?そこがいいのか、よしもとばなな!?白黒はっきりした話が好きな私にはわからない・・・。
 でもこの作品は、雫石がしっかりしなきゃ!的な目覚め方を始めてわかりやすかった。よしもとばなな特有の「渡る世間に鬼はなし」から飛び出して、雫石の嫉妬や親友の義母の打算なんかも描かれていて、いつになく人間臭い話になってたように思う。
 本の紹介には「長篇最大のクライマックスへ」と書いてあったけど、これで終わりじゃないよね?ものすごく中途半端なところで終わってるけど・・・。どうなんだろうか。
別窓 | [や行の作家]や行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。