FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『かがみの孤城』  辻村 深月
2019-08-30 Fri 13:48
かがみの孤城
かがみの孤城
posted with amazlet at 19.08.29
辻村 深月
ポプラ社
売り上げランキング: 598



 5月のある日、中学生になってから学校に行けなくなっていた少女・こころの部屋の鏡が突然光り出した。鏡の向こうにあった城には同じくらいの歳頃の少年少女が6人と、狼の面を付けた小さい少女が1人。「オオカミ様」と名乗った少女によると、3月30日まで毎日9時から17時までが城への入り口になる。城のどこかにある“願いの部屋”に入る鍵を見付けると、願いを叶える権利が手に入る。もし17時過ぎても城にいた場合、その日城に来ていた者は全員巨大な狼に食べられる。定期的に選ばれる「赤ずきん」は7人で、今回選ばれたのは中1のこころの他に中3のアキ、スバル、こころと同じ中1のリオン、ウレシノ、中2のフウカ、マサムネ。察するに、全員学校には行っていないようだ。
 最初は戸惑っていた内気なこころだったが、通い始めると楽しくなった。城の存在がこころの支えになった頃、「オオカミ様」がルールの付け加えにやって来た。誰かが鍵を見付けて願いを叶えた時点で、全員城での記憶を失って適当な記憶で埋められる。もし最後の日まで願いを叶えられなかったら、城は閉じるけど記憶は残るという。


 読み終えて、声を大にして言いたかった。覚えてて!お願いだから覚えてて!不思議な力が働いて覚えてない系ラストは、モヤモヤモヤ~ッてして悶えたくなる。でも、悶えたくなるくらい面白い内容の物語でしか起こらない現象なんだよね。本当に面白かった。何でリオン姉は不思議な力が使えたの?何で大いなる力が働いて暴走に対して抵抗できないの?最後はなんで全員の記憶を見る必要があったの?とか、気にならなくなるくらい物語が充実していた。
 「たとえば、夢見る時がある。」から始まる冒頭で、胸がぎゅーっとなった。決してリア充ではない私は、すぐにこの物語の世界観にドはまり。自分がされたことを誰にも言えずにいるこころ、気丈に振る舞って理解を示しつつも母親、あえて説明ないけど痛いほど伝わってくる描写に読んでて感情持っていかれてつらい。
 そんな状況から始まって、城で居場所を見付けたこころ穏やかな時間が妙にうれしい。多少のトラブルはあったし、現実世界では不登校の問題を突きつけられたりもしたけど、一人ぼっちで家にいた序盤とは大違いだ。
 リオン以外が全員同じ中学だとわかった時から、ふと乙一の『きみにしか聞こえない』を思い出した。登場人物達より一足先に時間軸が違う事に気付いて、ハワイ住みのリオン以外学校に集合しようってなった時の胸の痛さよ。本気で心臓痛いと思った。でも、結果的には会えなかったけどスバルがマサムネの教室まで行ってたことを知ったマサムネの「ありがとう」とか、ああもう!何でこの子達は現実世界で助け合えないの!?と歯がゆい。
 全員何らかの事情で学校に行ってない様子だけど、深く追求できない遠慮がちなこころの目線がずっと続いた。ラストでようやく全員の事情が見えてきて、子供ってなんて弱い立場にいるんだろう、彼らの周囲大人も子供も含めて何て弱い存在なんだろうとしみじみ思う。
 やっぱり記憶は失って欲しくなかった。城での時間が終わった後、アキに「待ってたよ」って言って欲しかった。リオンとの再会をめっちゃ喜んで欲しかった。スバルとも出会って欲しかった。アキが喜多嶋先生だったことが嬉しくて、もしかして喜多嶋ってスバルの姓とか?先にどっかで出会って心が覚えてた!?なんて邪推して流し読みしたフルネームのとこまで戻ったけど違う。ゲームクリエイターになったスバルとも再会して欲しかったなぁ。マサムネとフウカを探したり・・・って、こうなるとストーカーだな。やっぱり覚えてないのは必然だったのか。リオンだけ記憶が残っただけでも、良かったと思わないといけないのか。
 ずっとお互いの詳細は隠して名乗った苗字または名前で呼び合っていた7人。クライマックス後にフルネームを教え合ったシーンが妙に好き。全員の実体を知ったような感じがして、やっぱり名前が持つ力って偉大なんだな。その感動の後に続く、リオンとオオカミ様のやり取りもまた心打つ。
 ああ、こころとリオンは一体どうなるの!?リア充女・真田が絶対ちょっかいかけて来そうだけど、頼むよリオン!喜多嶋先生!と、余韻の残るラストに期待を抱いてしまう。
 面白かった。めっちゃ面白かった。
別窓 | [た行の作家]た行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『涼宮ハルヒの溜息』  谷川 流
2009-06-01 Mon 15:40
涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの溜息 (角川スニーカー文庫)
谷川 流

角川書店 2003-09
売り上げランキング : 397
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 SOS団で文化祭に向けて自主映画を撮影すると発表したハルヒ。脚本と監督に自分を据え、主演女優・朝比奈みくる、主演男優・古泉一樹、脇役・長門有希、その他雑用・キョンこと「俺」というキャストを決定し、乱暴な方法で必要な物を揃えてロケに出た。
 「戦うウェイトレス 朝比奈ミクルの冒険」というタイトルで始まった撮影は、ハルヒがこうなると面白いだろうなと思ったことが次々と起こる。しかしハルヒ本人はその事に気付かないまま。それぞれの思惑でハルヒに従っている長門、みくる、古泉と、ハルヒの精神安定のためと巻き込まれている「俺」は、ハルヒにその不思議現象を気付かれないようにと気を使うことになる。

 1巻目に引き続き、この2巻目も前半のハルヒの暴走がちょっと退屈。まだ2巻しか読んでないのに決めつけるのは良くないかもしれないけど、これはこの著者の特徴だろうか。事件とは関係ないエピソードひとつひとつが長すぎるんで飽きそうになる。いや、飽きる前に“不思議”が始まるのを凄いと思うべきなのかな?
 前巻『涼宮ハルヒの憂鬱』より少し設定が進み、普通じゃない3人のそれぞれの考えなんかも出てきた。みくるは古泉の説に反対しているようだし、古泉はみくるの外見や性格をキョンに気に入られるためのものではないかと疑ってるようだし。話がどんな方向に向かってるのかさっぱりわからないから、それぞれの考えがどうなのかは全くの謎なんだけど。
 今回のハルヒは前回よりもその力を発揮させている。みくるの目からビームを出させるし、鳩が全部白になってたり旅行鳩になってたり、猫がしゃべりだしたり。
 ハルヒにとってのキョンって本当に何なんだろうな。古泉は、ハルヒは自分がどんなに無茶苦茶言ってもキョンだけは許してくれると思っていると言っている。その理由はいつわかるんだろう?既に9巻まで出てるはずなんだけど、まだわかってないのか?どうなんだろうか。
 残念ながら私はタイムオーバー。続きはいつ読めるのかわからないし、読めるかどうかも定かじゃない。私事だけど、明日から陣痛促進剤を使う事が決定した。そういうわけで、「涼宮ハルヒ」シリーズは私がモタモタしたせいで2巻までしか読めませんでした。
別窓 | [た行の作家]た行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:1 |
『涼宮ハルヒの憂鬱』  谷川 流
2009-05-31 Sun 21:25
涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
谷川 流

角川書店 2003-06
売り上げランキング : 343
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 高校に入学したキョンこと「俺」の後ろの席にいた涼宮ハルヒは、文句なしの美少女ながらとてつもない奇人変人だった。「普通じゃないこと」を探し求め、話し掛けるクラスメイトを邪険にする彼女はクラスでも浮いてくるが、何となく1日1回日課のように話しかけていた「俺」。ある日突然、「不思議」を追い求めるクラブを作ることに協力させられることになる。
 結成された「世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団」略して「SOS団」は、「俺」の他に、唯一の文芸部部員だったが部室を乗っ取る際に部員にされた長門有希、萌えでロリ系なのに巨乳という理由だけで連れて来られた朝比奈みくる、季節はずれの転校生だから怪しいという理由だけで勧誘された古泉一樹が加わった。
 他の部員も自分同様に猪突猛進で高飛車なハルヒに付き合わされているだけだと「俺」だったが、実は長門は情報統合思念体によって造られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイド・インターフェースであり、朝比奈は未来人であり、古泉は超能力者であり、全員が各々の世界で起こっている不思議な現象の中心にハルヒがいて、そのハルヒが選んだ「俺」に鍵があるようだと言う。
 聞くだけは聞いた「俺」だったが、後日彼らの言う事を信じざるを得ないことを次々に経験する。

 人気シリーズ、やっと読めた。断片的に内容を知ってたもんだから、つい後回しにしちゃってたんだよねぇ。薄い本だからちゃちゃっと読めると思えば思うほど後回しにしてしまうのは、もう癖なんだろうな。
 さてこの本について。最初は全然面白くなかった。やたらと直喩・隠喩の多い表現、キョンのツッコミキャラを早く確立させたかったのか皮肉の多い表現が煩わしく感じるし、ハルヒがいかに傍若無人に周囲を振り回すかに力を入れ過ぎてて、話がなかなか進まない。
 やっとSOS団とやらが出来たから話が進むかと思いきや、それでもなかなか進まない。しかも周囲はハルヒの言うことを聞きまくりの振り回されまくりで、嫌ならちゃんと抵抗しろよと読んでてなんかちょっとイライラする。それが半分近くまで続くのが苦痛だった。大半の人気ラノベがそうであるように、無駄に容姿がいい人ばっかだし。
 しかし後半でこの物語の主旨がわかるとようやく面白さが理解できた。なるほど、斬新だ。ハルヒに好き勝手振り回されてる人達が従ってるのには、ちゃんと理由があることもわかった。キョンがハルヒに付き合ってる理由だけは、この巻では理解できなかったけれども。
 長門さんは宇宙人みたいなのが作ったロボットか何かで、朝比奈さんは時間移動してきた未来人で、古泉君はハルヒの精神が不安定な時に発生する閉鎖空間で戦う超能力者・・・って感じの理解でいいのかな?特に長門さんの説明が私の理解の範疇を越えてたために大まかな理解しかできなくて、合ってるのかどうか疑問だけれど。
 最後にハルヒが神かとも言われるような力を無自覚に発揮して世界が壊れかけたけどキョンのおかげで事なきを得たって時点で、この巻はキョン以外全員が不思議能力さんだということを紹介した巻だということがわかった。わかるの遅いかもしれないけど。
 ラノベが売れる時に必須条件であるイラストがいいということ、それだけに留まらないシリーズだと思うんで、今後を楽しみにしていよう。多分あと3~4冊しか読めないとは思うけど。

別窓 | [た行の作家]た行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『ホームレス中学生』  田村 裕
2008-05-05 Mon 00:36
ホームレス中学生ホームレス中学生
麒麟・田村裕

ワニブックス 2007-08-31
売り上げランキング : 523
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「すべらない話」から話題を呼んだお笑いコンビ麒麟のツッコミ田村が、中学時代の壮絶な体験を綴った自叙伝。
 夏休みの前日に家が差し押さえられ、父が子供達3人に言った言葉は「これからは各々頑張って生きてください。・・・・・・・・・・・解散!」だった。中学生で自活力のない田村は自分がいれば兄と姉に迷惑がかかると思い、友達の家に泊めてもらうと言う。しかし実際には家がなくなったと言うのが恥ずかしくて友達の所に行くことができず、公園で寝泊まりすることにした。

 完全に流行に乗り遅れて、麒麟自体を以前ほどテレビで見かけなくなってからようやく予約していた図書館の本が回ってきた。予約してから1年ちょっとかかった・・・。みんな買おうよ!と、お前が言うな的なことを考えつつ待ちに待った。
 「すべらない話」で何となく知ってた上に、この本がベストセラーになってからあちこちの番組で披露していた話なんで全体的に知ってる話ではあった。でもやっぱ、すごい出来事だよなぁ。「解散」って・・・と絶句する。
 公園での生活が限界を迎えた頃に友達の両親が色々と面倒を見てくれる。果てには兄弟3人が一緒に住めるようにアパートを借りるための援助をし、生活保護を受けられるようにまでしてくれた。この両親が本当にいい人達でさー。前に田村のことがTV取り上げられて、このお母さんからの手紙を読む企画があったのを見た。そこの家のお母さんが、田村をその家で面倒を見るかどうかをお父さんに相談したら「うちはもう3人子供がいる。3人も4人も変わらない。最初から4人だったと思えばいいじゃないか」みたいな事を言ったらしい。なかなかの男っぷりなお父さんだ。
 田村も大変だったけど、田村のお姉さんが一番大変そうだった。田村とは別の公園でお兄さんと一緒に寝泊まりしてたらしいんだけど、お兄さんはコンビニでバイトをしている。お兄さんがバイトでいない夜は、女である姉は田村のように公園で1人で寝るわけにはいかない。でもどうしようもなく眠いから、眠らないためだけに一晩中町を徘徊していたそうだ。
 お母さんの話は何度も出てきてたけど、どれも思い出話っぽいのばかり。田村が小5の時に癌で亡くなったと書いてあったのは、この本の中盤辺りだった。それからお父さんも癌で入院し、治ったものの会社を首になったそうだ。新しい仕事に就いたものの、病み上がりで仕事を続けるのは大変だったらしい。そしてこの「解散」へとつながる。田村はお父さんを全く恨んでなくて、むしろ頑張ってくれたことに感謝していると言う。それは「すべらない話」でも言ってたし、他のテレビで取り上げられた時にも言っていた。本当、いい子だなぁ。って、私より1歳年下なだけなんだけど。
 もうね、芸人が好きで『ホームレス中学生』を取り上げたトーク番組もいくつか見て話はほとんど知ってるのに、何で改めて読んだだけでこんなに感激しちゃったんだろう。田村を助けた人達、支えてくれた人達、ダメなところがいっぱいある子でこんな体験したのに明るい田村。なんて人間がでかいんだ。ただ、こういう注目のされ方は芸人・田村としては良かったのか悪かったのか・・・。ベストセラー作家になって印税ザクザクでテレビにも出まくって・・・そして今。麒麟ってあんまりTVに出てなくない?「つらい体験をしたけど周囲の助け得て乗り越え、今は明るく笑ってお笑い芸人」というちょっと同情っていうか憐憫っていうか“こんなコントしてるけど本当はすごい体験をしたんだよね、うんうん”みたいな眼差しで見てしまう。これって芸人としてはマイナスだと思う。麒麟の漫才見ても田村の人生を思い出してしまうもんなぁ。
 まあ、お笑い芸人としてこれからも頑張ってほしいもんだ。
 ちなみにお父さんはどっかの番組の企画で探して見付かったそうだ。今は田村と一緒に住んでるらしい。
『ホームレス中学生』  田村 裕…の続きを読む
別窓 | [た行の作家]た行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『人は見た目が9割』  竹内 一郎
2006-07-25 Tue 13:29
人は見た目が9割 (新潮新書)人は見た目が9割 (新潮新書)
竹内 一郎

新潮社 2005-10
売り上げランキング : 4983
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 やっぱ新書シリーズってつまんないなぁ。新潮社とはいえ、PHP並みにつまんないぞ。タイトル付けが上手いだけで、内容が伴ってない本が多いこと多いこと・・・。って、本をタイトルで判断して時々失敗してるくせに、まだ懲りてない私が言うのも何だけど。
 「人は見た目が9割」。これは、人と人とが話す際のこと。人は人の話はほとんど聞いてない。人間は仕草や表情、距離、色、においなど、話の内容以外の様々な情報を読み取って判断するとか、そういうもの。それらがどのような効果を相手にもたらすかを読み解いたもの。
 確かに正論ではあるけど、ちょっと大袈裟かな。この作者は演出家でもあり、マンガ家でもある。その経験を通して書くからどうしても例えが大きくなってしまって、実際問題に結びつかない気がする。
 なんかの雑誌で連載される程度なら面白く読めたと思うけど、1冊の本にしてしまうと実用性が問われてしまう。私は期待外れだと思った。ていうか、昔から心理学とかで言われてることだよね。新しい見解でも何でもないんじゃないかな
別窓 | [た行の作家]た行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 | NEXT