FC2ブログ
元司書による読書備忘録ブログ。思ったことは全部書き、何様気取りの感想だったり平気でネタバレしたりします。
『かがみの孤城』  辻村 深月
2019-08-30 Fri 13:48
かがみの孤城
かがみの孤城
posted with amazlet at 19.08.29
辻村 深月
ポプラ社
売り上げランキング: 598



 5月のある日、中学生になってから学校に行けなくなっていた少女・こころの部屋の鏡が突然光り出した。鏡の向こうにあった城には同じくらいの歳頃の少年少女が6人と、狼の面を付けた小さい少女が1人。「オオカミ様」と名乗った少女によると、3月30日まで毎日9時から17時までが城への入り口になる。城のどこかにある“願いの部屋”に入る鍵を見付けると、願いを叶える権利が手に入る。もし17時過ぎても城にいた場合、その日城に来ていた者は全員巨大な狼に食べられる。定期的に選ばれる「赤ずきん」は7人で、今回選ばれたのは中1のこころの他に中3のアキ、スバル、こころと同じ中1のリオン、ウレシノ、中2のフウカ、マサムネ。察するに、全員学校には行っていないようだ。
 最初は戸惑っていた内気なこころだったが、通い始めると楽しくなった。城の存在がこころの支えになった頃、「オオカミ様」がルールの付け加えにやって来た。誰かが鍵を見付けて願いを叶えた時点で、全員城での記憶を失って適当な記憶で埋められる。もし最後の日まで願いを叶えられなかったら、城は閉じるけど記憶は残るという。


 読み終えて、声を大にして言いたかった。覚えてて!お願いだから覚えてて!不思議な力が働いて覚えてない系ラストは、モヤモヤモヤ~ッてして悶えたくなる。でも、悶えたくなるくらい面白い内容の物語でしか起こらない現象なんだよね。本当に面白かった。何でリオン姉は不思議な力が使えたの?何で大いなる力が働いて暴走に対して抵抗できないの?最後はなんで全員の記憶を見る必要があったの?とか、気にならなくなるくらい物語が充実していた。
 「たとえば、夢見る時がある。」から始まる冒頭で、胸がぎゅーっとなった。決してリア充ではない私は、すぐにこの物語の世界観にドはまり。自分がされたことを誰にも言えずにいるこころ、気丈に振る舞って理解を示しつつも母親、あえて説明ないけど痛いほど伝わってくる描写に読んでて感情持っていかれてつらい。
 そんな状況から始まって、城で居場所を見付けたこころ穏やかな時間が妙にうれしい。多少のトラブルはあったし、現実世界では不登校の問題を突きつけられたりもしたけど、一人ぼっちで家にいた序盤とは大違いだ。
 リオン以外が全員同じ中学だとわかった時から、ふと乙一の『きみにしか聞こえない』を思い出した。登場人物達より一足先に時間軸が違う事に気付いて、ハワイ住みのリオン以外学校に集合しようってなった時の胸の痛さよ。本気で心臓痛いと思った。でも、結果的には会えなかったけどスバルがマサムネの教室まで行ってたことを知ったマサムネの「ありがとう」とか、ああもう!何でこの子達は現実世界で助け合えないの!?と歯がゆい。
 全員何らかの事情で学校に行ってない様子だけど、深く追求できない遠慮がちなこころの目線がずっと続いた。ラストでようやく全員の事情が見えてきて、子供ってなんて弱い立場にいるんだろう、彼らの周囲大人も子供も含めて何て弱い存在なんだろうとしみじみ思う。
 やっぱり記憶は失って欲しくなかった。城での時間が終わった後、アキに「待ってたよ」って言って欲しかった。リオンとの再会をめっちゃ喜んで欲しかった。スバルとも出会って欲しかった。アキが喜多嶋先生だったことが嬉しくて、もしかして喜多嶋ってスバルの姓とか?先にどっかで出会って心が覚えてた!?なんて邪推して流し読みしたフルネームのとこまで戻ったけど違う。ゲームクリエイターになったスバルとも再会して欲しかったなぁ。マサムネとフウカを探したり・・・って、こうなるとストーカーだな。やっぱり覚えてないのは必然だったのか。リオンだけ記憶が残っただけでも、良かったと思わないといけないのか。
 ずっとお互いの詳細は隠して名乗った苗字または名前で呼び合っていた7人。クライマックス後にフルネームを教え合ったシーンが妙に好き。全員の実体を知ったような感じがして、やっぱり名前が持つ力って偉大なんだな。その感動の後に続く、リオンとオオカミ様のやり取りもまた心打つ。
 ああ、こころとリオンは一体どうなるの!?リア充女・真田が絶対ちょっかいかけて来そうだけど、頼むよリオン!喜多嶋先生!と、余韻の残るラストに期待を抱いてしまう。
 面白かった。めっちゃ面白かった。
別窓 | [た行の作家]た行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『長くつ下のピッピ』  アストリッド・リンドグレーン
2019-07-21 Sun 16:27
長くつ下のピッピ (岩波少年文庫 (014))
アストリッド・リンドグレーン
岩波書店
売り上げランキング: 15,546

 ピッピは船長の父と共に世界中を航海していた9歳の女の子。嵐の時に海に吹き飛ばされた父親がいつか帰って来ると信じて、猿のニルソン氏を連れ、金貨が詰まったスーツケースを持ち、父親が買っていた「ごたごた荘」に住むことにした。
 隣の家に住む同じくらいの子供達、トミーとアンニカはあっという間にピッピと仲良くなり、大変力持ちなうえ、自分達が思いもしなかったことを次々とやってのけるピッピが大好きになった。


 子どもの頃に読んで、内容はあまり覚えてないけどすっごく面白かった記憶だけが残っているこの本。我が子に読ませるついでに自分も久し振りに読んでみて、全くワクワクしない事に驚いた。こんな子嫌だ!自分の子がこんな子になるなんて耐えられない!やっぱり自由過ぎるのは良くない。教育って大事だなぁってしみじみ思い、自分が心の穢れた大人になったとしみじみと思った。
 でも、身も心もすごく自由で、お金はたくさんあって、牛や馬を持ち上げられるほど力が強く、心もとっても強く自信に満ち溢れた怖いものなしっぷりのピッピは羨ましくもある。とはいえ、現代はそんな時代ではない。
 深読みせず単純に、「『長くつ下のピッピ』すっごく面白い!ピッピ大好き!」と思っていたあの頃が懐かしい。
別窓 | [その他のこと] | コメント:0 | トラックバック:0 |
『騙し絵の牙』  塩田 武士
2019-07-21 Sun 15:54
騙し絵の牙
騙し絵の牙
posted with amazlet at 19.07.19
塩田 武士
KADOKAWA (2017-08-31)
売り上げランキング: 138,007

 大手出版社のカルチャー雑誌『トリニティ』編集長を務める速水は、有能かつユーモラスな男だ。嫌味な上司を持ち上げつつも屈することなく、部下からの信頼が厚く、尊大な作家の扱いが上手く、緊張した空気をあっさりと霧散させ魅力を持っている。
 出版業界は右肩下がりで、特に雑誌は各社が次々に廃刊に追い込まれている。『トリニティ』も黒字化がなければ廃刊だと上司・相沢に言われ、速水は『トリニティ』存続のために奔走する。
 家庭では妻との関係は冷え切っていたが、中学受験勉強に勤しむ5年生の娘・美紀は可愛かった。速水自身は夫婦関係の現状を仕方ない物だと割り切っていたが、ある日書店の店長から妻・早紀子が万引きをしたと連絡を受ける。追い詰められた様子の早紀子だったが、修復することなく放置し続けていた結果、離婚を告げられてしまった。


 有名な役者が表紙ってちょっと驚いたけど、読み始めてすぐにはまり役だと気付いた。コミュ力に長けてて、おちゃらけてるけど実は頭の回転が早いとこ、私の中の大泉洋は、まさにそういう印象だった。各章の終わりに写真が挿入されてるけど、表情ひとつ演じられるって凄いなと思わされた。プライベートの大泉洋は全く知らないけど、この本の主人公・速水がその場の空気を力任せに変えられるとこなんかは大泉洋ならできそうな気がする。奥さんと不仲っていうのは不本意だとは思うけど。
 高圧的で嫌味な上司や、尊大な作家、実力はあるのに目を出せないでいる若手作家、無能だったり面倒だったりする部下達、食えない取引先etc. その中を飄々と渡り歩いているように見えて、実は重圧を跳ねのけるために必死にバタついて『トリニティ』を守ろうとしている様子がタイトルの「騙し絵」だと思ってた。冗談の応酬や、バリカンの場面や堀江淳の「メモリーグラス」に乗せて「版権をください~」の力技なんか、速水の立ち回りの上手さに感心する。
 と見せかけておいて、実は『トリニティ』への拘りは深い物だったという最後の展開こそが、「騙し絵」だったことが判明する。散々速水の出来る男っぷりを見せつけておいて、でも世の中の雑誌離れと会社員の世知辛さに負けた、と見せかけておいて新しい事業を立ち上げる。さっすがやり手の速水!と思っていたところに、急に速水の抱えていた物が明かされて、初めてその執念の重さに苦しくなった。
 私は昨今の活字離れによる本や雑誌の売り上げ低下は、むしろ良質な物だけが残っていくから良いことだと思っていた。だけど決してそれだけではない、色んな犠牲や思いを踏みにじった上に成り立っていると知って、今更ながら文学という物への自分の考えの浅はかさを噛み締めた。
 よく出来た小説だったと思う。ぜひ、大泉洋主演で映像化を。
別窓 | [さ行の作家]さ行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『未来』  湊 かなえ
2019-06-11 Tue 13:47
未来
未来
posted with amazlet at 19.06.07
湊 かなえ
双葉社  2018.05
売り上げランキング: 55,322



 章子の母・文乃は美しい容姿を持ちながら精神的に不安定で、頻繁に人形のようになってしまう。章子は優しい父親と共に母を守りながら穏やかに暮らしていたが、小学4年生の時に父親が病死してしまった。葬式の日に倒れてしまった母親を支えようと家のことを頑張っていた章子に、20年後の自分から手紙が届いた。それから章子は、何かあると未来の自分に向けて手紙を書くようになった。
 母親は相変わらず、人形のようにスイッチがオフになったり、家事やお菓子作りができる程度のオン状態になることを繰り返した。頭がよくしっかり者の章子は、母親を支えながら一生懸命生活しようとする。しかしながら無力で、大人のエゴに翻弄されたり、嫌味なクラスメイトに精神的に追い詰められたりする。
 章子の物語と、章子をいじめから救った影のある同級生・亜里沙、4年生の時の担任・篠原、章子の父・樋口良太の学生時代の、それぞれの視点の話。 
 
 亜里沙の話。
 亜里沙の父親は、妻に暴力を振るった翌日には果物を買って来る男だった。妻が死んでからは我が子である亜里沙と健斗を殴っていたが、亜里沙の担任が訪ねて来てからは健斗だけを殴るようになる。
 面倒なクラスメイトに目を付けられたこともあり不登校になっていた亜里沙は、幼い頃に仲が良かった2歳年上の智恵理に再会した。彼女の存在に安らぎを覚えていた亜里沙は、自分と同じく不登校になっていたことを知った章子と仲良くなった折に智恵理を紹介し、章子も智恵理を慕うようになっていた。
 ある日亜里沙は智恵理の別人格に会う。

 章子、亜里沙の4年生の時の担任・篠宮先生の話。
 篠宮真唯子は、大学の時にポルノ映像に出演したことがある。育ててくれた祖母の希望を叶えるために教師を目指していた真唯子は、祖母が亡くなった折に母親から全財産を取り上げられそうになる。学費の支払いに悩んでいた時にスカウトして来た時任と名乗る女性の話に乗ってしまい、真唯子は言葉巧みに騙されポルノ映像に出演してしまった。しかしその後、祖母は法的に手続きをしていたために財産は守られることがわかる。
 そのことをPTA会長である実里の母親に糾弾され、教師を辞めることになった。その前に問題を抱えていそうな子ときちんと向き合おうと、入院している章子の父親を訪ねた。そこで父親から、章子宛に未来からの手紙を書いて欲しいと頼まれる。

 章子の父親の話。
 樋口良太は容姿の悪さのせいで幼い頃から周囲から遠巻きにされていたが、県内でも有数な進学校に入学したことで少しずつ積極的な性格になっていった。1年生の時にボランティア部を立ち上げ、月に一度手作り菓子を近隣の福祉施設に届ける活動をしていた。
 2年生の時に、美しい容姿ながら流暢に暴言を吐く森本誠一郎と同じクラスになる。暴言を吐かれたクラスメイトを庇ったことから彼からターゲットにされたが、ある日言い返して口論になった時から森本に面白がられるようになった。
 夏休みのこと。森本は良太を自宅に呼び、自分の妹・真珠の体を好きにしていいと言い出した。美しい真珠を前に一度は理性が飛んで乱暴をした良太だったが、森本に頼んでもう一度会わせてもらい、一緒にお菓子作りをするようになった。
 人形のようだった真珠が次第に笑うようになったある日、良太は森本から父子相姦が行われていることを見せつけられた。森本は真珠のために自分が父親を殺すから、良太に火を点けて欲しいと頼む。


 最初の不幸は、フィクションではよくある程度だった。結構前に読んだ同著者の『Nのために』に登場していた女性も、理由は違えど父親がいなくなってダメ母親の面倒を見ながら生活してたことを思い出しながら読み進めた。母親に「オン」の状態が続くようになって幸福を感じることもあったし、章子が早坂から暴力を振るわれるようになった時も、実里のいじめも早々に解決する。湊さんにしては不幸が浅くて揺さぶられ感は少ないけど、何か読ませられちゃうのは凄いなーなんて思いながら読んでた。でも章子の周囲に目を向けた時、不幸がゆっくり加速していった。
 暴力の被害や人の死、性的暴力。立場の弱い者は逃げる方法はなく追い詰められて、究極の逃亡をしてしまう。智恵理さんも健斗も、そして文乃さんもこれ以上ないくらい辛い思いをしてきたと思う。ただの性悪少女と思ってた実里も、比較したら浅い不幸だけど親に原因があった。文乃さんは守ってくれた良太さんと死別すると、結局同様の不幸があった。今度は章子の存在が足枷になったんだろうか。
 章子に一刻の愚かな優しさを向けた猪川が実はブチ殺したくなるくらいの変態だったとか、レストラン「HAYASAKA」を紹介した歯科医の相手を文乃さんがさせられていたとか、そういう伏線が巧み過ぎて、もう心臓潰れそう。
 死んでしまった健斗に代わって復讐を決意した亜里沙、家に火を点けた智恵理さん、同じく家に火を点けた章子を逃がした文乃さん、ゆっくりでもいいから幸せに向かって行って欲しい。特に文乃さんは、林先生くらいで手を打ってた方が良かったんじゃないか。章子の推測通り実兄に似てるから罪滅ぼしだったとしたら、実兄はちゃんと改心して信頼できる奴に後を頼んでくれたじゃないか。その気ち、ちゃんとわかってよ・・・。
全編を通して憧れの象徴のようにドリームランドというテーマパーク、過去の幸福の象徴的な食べ物としてマドレーヌ、シャインマスカット、そうめんが出てくる。その存在が失われた過去の輝きのようでもあり、未来にまた訪れる希望のようでもある。
 ああ、今回も目を逸らすことができない圧倒的な文章力に吸い寄せられてしまった。でも最後に、ちゃんと解決法を見出した章子は偉い!さすが賢い子だ。普通に子供を思う大人がたくさんいる場所で、ちゃんと保護されて真っすぐに生きて行って欲しい。もちろん、文乃さんも一緒に。
別窓 | [ま行の作家]ま行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
『絶歌』  元少年A
2019-05-28 Tue 16:58
絶歌
絶歌
posted with amazlet at 19.05.28
元少年A
太田出版  2015.06
売り上げランキング: 9,538



 1997年に起こった、神戸連続児童殺害事件の犯人の手記。警察に任意同行された日の話から始まり、幼い頃に慕っていた祖母の話、祖母の死をきっかけに起こした異常行動の数々、抑えられなくなっていく凶暴性、捕まってからの話、少年院から釈放されて保護観察期間の話、職を転々とする話など。


 被害者の幼さと相反する残忍な殺し方、稚拙な煽り文の手紙、捕まった犯人の年齢、徐々にわかっていく余罪、日常行動の異常性などなど。ベタな言い方だけど、世間を震撼させたセンセーショナルな事件だった。当時まだギリギリ十代だった私は、あの残虐な犯人が自分より年下だったことに衝撃を受けたのをよく覚えている。
 あの犯人がどの面下げて手記なんぞ出したのかという思いと、深淵を覗いてみたいような好奇心から読んでみたいと思った。奴に印税が入るのは絶対に嫌だったから、図書館で借りることにする。私が住んでいるところは人口がそこそこ多くて結構大きい図書館があるけど、購入したのは1冊のみで閉架書庫扱い。著者の印税に貢献したくないけれど、図書館として市民の知る権利に応えなければならないという葛藤が伺える。
 さて、中2から少年院で過ごしたはずのAだけど、文章力には大いに驚いた。正直、上手いし文才あると思う。語彙力もあるし、言いたい事をどんな順序で書いたら伝わるか、ちゃんと計算された文章だ。そこにAが自身に酔ってる感がものすごく漂ってて、「あ、こいつ反省してないな」と思った。Aが自分の内面を語る時の純文学っぽい自己陶酔が、快楽殺人を犯したあの時と、根底は変わってないように思う。文章からして、被害者を晒し物にしたあの時の目立ちたがりの自己顕示欲が臭う。家族愛とか絆とか、まるで美しく描いてるけど、もはや滑稽。母親の問題行動とか、知らんわけでもあるまいし。
 この本の出版に当たって賛否両論というか、否定的な意見をかなり多く読んだ。ご遺族の方々には申し訳ないけれども、私は「賛」の方だ。Aが根本では変わってない事を世に知らしめるという意味があったと思う。精神鑑定した人とか、更生に携わった人とか、良い結果を出すことを求められた人が書いたんじゃ意味ない。AがA自身の言葉で等身大に語って、結果どうしようもなく自己中心的な変態だという動かしがたい事実を世に知らしめた事は良かったんじゃないかな。あとは執拗なマスコミの存在に期待。懸念すべきは信じられない事にAを崇拝する若者が存在するという事だけど・・・。
 加害者が少年法の下に守られ、情報が遮断され、刑罰ではなく更生の機会が与えられる。もし身近にこんなサイコパスがいたらと考えてしまう。同じ市内にいたら?町内にいたら?万が一被害者になったら?もし、我が子が加害者側だったら?そしたら私もAの母のように変な手記を出したり、我が子が這いつくばってでも生き延びることを願うんだろうか。極論の、お前を殺して私も死ぬっていう道を選ぶんだろうか。
 このAをどうするのがベストなのか、どうすればこんな事件が起こらなくなるのか。私の数千倍数万倍賢い人達が考えても結論が出ない事を私が考えても詮無いことなんだけど、色々考えてしまう衝動は抑えられない。これがフィクションだったら、どんなに良かったろうか。
 変な有料サイトを開設してたらしいし、やっぱり更生は無理だったんだと思う。そこからどうすべきだったのか、無知な私にはわからない。一生閉じ込めておくべきだったのか、極刑に処すべきだったのか。ああ、でも無責任に思わずにはいられない。こんな奴、早く死ねばいいのに。
別窓 | [ま行の作家]ま行その他の作家 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| よむよむ記 | NEXT